自己紹介

Nguyen Thanh Nha イエズス会社会司牧センター(東京) 【ジャパ・ベトナム 会報 45 号 2013年3月3日】

Nha私は2009年に宣教師として日本に送られたベトナム人の神学生のニャーです。去年の8月から東京の四ツ谷にある東京センターで中間期が始まりました。このセンターに入るきっかけにジャパ・ベトナムというグループにも入らせていただきました。ジャパ・ベトナムのことはずいぶん前から聞きましたが、日本語の勉強が忙しくてあまりお手伝いができなかった。本当にすみませんでした。これから1年間ぐらい中間期をやることになりましたので、ぜひ、他のメンバーたちと協力したいです。皆さん、どうぞ、よろしくお願いします。

最近、私のベトナムという国は新聞やテレビなどによって発展の国だと見られるかもしれませんが、実際は発展したところ、あるいは、発展しているところが非常に少ないです。特に田舎とか少数民族のところとか全然何もないところだと言えます。

自身も2002年に修道院に入って、あまり外に出かけない修練者という時期にも新聞とテレビばかりを見て自分の国のことでも誤解させられました。すごく豊かになったと思われた。修練の時期が終わってあちこち活動を始めてから、本当のことがわかるようになりました。田舎に行けば、行くほど、人間らしく生活できない人々がたくさんいます。この間、私は偶然あるウェブサイトに入ってある記事を読んで、記事の中にある写真を見て、泣きたいほど感動しました。なぜなら、ベトナムの北の山のほうで大変な生活している人々の状態、特に子供たちの状態がわかってきたからです。だから、私にとって、ジャパ・ベトナムのやっていることは大きな意味があると心から信じます。

ジャパ・ベトナムの会員の皆様、長い間ベトナムを応援してくださって、まことに感謝します。これからも、よろしくお願いします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中